うま味がすごい「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

うま味がすごい「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

1647
シェア

こにゃにゃちわ!ラーメン食べてる?

今回ご紹介する北海道土産にぴったしなインスタントラーメンは、利尻漁業協同組合(利尻郡利尻富士町鴛泊字港町194番地1地先1)の「利尻昆布ラーメン」です。

北海道の北部に位置し日本海に浮かぶ利尻島(りしりとう)。島の特産である利尻昆布は、香りが高く澄んだ出汁がとれるのが特徴で、京都の高級料亭でも使われているんだそう。

そんな利尻昆布を使い利尻漁業協同組合が自信を持ってお届けするのが同商品。数年前に放送された「マツコの知らない世界」(TBSテレビ系)でインスタントラーメン研究家の大山即席斎さんが紹介し話題となりました。

利尻昆布で出汁をとったあっさり塩スープのお味はいかに!?

というわけで実食!!

商品概要

商品名:利尻昆布ラーメン
販売者:利尻漁業協同組合
価格:270円(税込)
購入場所:北海道どさんこプラザ札幌店(JR札幌駅西通り北口)

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

商品説明

良質な昆布の生産地として名高い利尻島の昆布をめんに練り込み、コシのあるしこしことしためんを打ち上げました。ほのかな潮の香りを活かす、あっさりとしたスープとの相性は抜群です。

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

原材料名

めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、昆布パウダー(北海道利尻産))、食塩、調味油脂、砂糖混合異性化液糖、天然利尻昆布、砂糖、肉エキス、オニオンエキス、香辛料、醸造酢、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、カラメル色素、酸味料、クチナシ色素、香料、糊料(プルラン)、(原材料の一部に小麦、大豆、豚肉を含む)

内容量

113.4g(めん80g、スープ32.4g、天然とろろ昆布1g)

栄養成分表示/1食あたり

エネルギー:342kcal
たんぱく質:9.8g
脂質:5.4g
炭水化物:62.9g
ナトリウム:2.9g(めん0.5g、スープ2.4g)
食塩相当量:7.4g

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

おいしい召し上がり方

この商品は、即席ラーメンではありませんので、お鍋にたっぷりの湯を沸かしめんをゆでてください。(ぬるい湯でゆでますと煮くずれします。)

1.大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸とうさせ、めんを入れ5分位ゆでてください。(自然にほぐれますので、箸などで無理にほぐさないでください。)
2.添付のスープを丼に入れ、約270ml(コップ1杯半)の熱湯で溶いてください。尚、スープは袋のままあたためてラードを溶かしてからご使用ください。(熱湯90℃1分)
3.めんがゆであがったらお湯をよくきって先に用意したスープの入った丼に移してお召しあがりください。お好みで添付の天然利尻とろろ昆布をスープと混ぜ合わせたり、チャーシュー、メンマ、季節の野菜等を入れますと一層おいしく召しあがれます。

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

根昆布(昆布の付け根部分)の粉末が練り込まれた緑がかった麺。

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)を食べてみたよ

美味しい!じんわり身体の隅々まで染み渡る優しくも力強いスープが抜群です。食べ進めるうちに昆布が練り込まれた麺からも出汁が出てきて、うま味!うま味!うま味!な一杯となっています。

付属の天然利尻昆布とろろシートをスープに溶かせばグルタミン酸がああああああ。

個人的評価 43/60

麺:6
スープ:7
全体のバランス:8
コスパ:7
パッケージ:8
おすすめ度:7

「利尻昆布ラーメン」(利尻漁業協同組合)の個人的評価

利尻島

ようこそ利尻町へ
利尻町役場 | Facebook